1. TOP
  2. FIELD JOURNAL
  3. FIELD JOURNAL
  4. MANABI
  5. 印刷のはなし #3 僕が好きな紙3選

 

こんにちは。株式会社フィールドの印刷オタクことyoshidaです。
前回は紙が与える印象について少し語らせていただきました。
今回は僕が超個人的な基準で選ぶ、好きな紙3選を発表したいと思います。

まずは僕がどんな紙に惹かれるのか、その条件を考えてみました。

 

好きな紙の条件
1)触った時の風合いがよい
デザインと印刷にかけるコストにもよりますが、なるべく風合いが良い(ツルっとしていない)紙を選びがちです。

2)嵩高(かさだか)
厚みありながら軽い紙。重い紙は嫌です。

3)インキの乗りが良い紙
色の調整がしやすいので、できれば色が沈まない紙の方が好きです。

4)なるべく低コスト
これ大事です。特殊すぎずなるべく手に入りやすい用紙を選びたいです。

 

それでは、発表いたします!

 

第3位
アラベール スノーホワイト(日清紡)

ポストカードからリーフレットまで幅広く使えるので、個人的に最近お世話になる率が高いです。
表面に塗工がされていないため若干色は沈むので、本紙校正はしておいた方がいいかもしれません。
ですが、発色はそこまで悪くないと思います。
手に取った感触は、さらっとして主張しすぎずない画用紙のような感じ。(伝えるの下手ですみません)
風合いを生かして、イラストを使ったやさしい雰囲気のデザインにぴったりです。

▶︎この用紙を使用した制作実績はこちら

 

〈オススメ用途〉
・名刺
・ポストカード
・リーフレット

 

第2位
モンテシオン(日本製紙)

東日本大震災で被災した日本製紙石巻工場で開発された用紙です。
特徴は何と言っても手触りと嵩高感!
書籍に使用すると、ページ数のわりに厚みが出て、なおかつ軽く仕上がりそうですね。
微塗工加工されているそうで、触った感触の割には発色しますが、こちらも本紙校正は必須です。
ナチュラル系のお店や商品のリーフレットやフライヤーに向きそうです。
ただし、紙焼けしやすく、時間が経つと黄ばんでくる点は要注意ですが
それも含めて風合いがでると思います。

 

〈オススメ用途〉
・リーフレット
・フライヤー
・書籍

 

 

第1位
b7トラネクスト(日本製紙)

王道のヴァンヌーボと同等に発色が良く、かつ主張しすぎない風合いを持っています。
ヴァンヌーボほど風合いを主張したくない…とお考えの方にぴったりです。
インキの乗った部分にはややグロス感があり、インキが沈みにくいので写真集などにも最適です。
何と言っても、コスパが良いイメージです!(正確な価格については印刷会社さんにお問い合わせください)
フライヤーからポスター、写真が多い書籍まで幅広い印刷物に対応できる、僕が一番の信頼を置く紙です。
注意点としては、以前より流通量が減っているようで、その辺りも印刷発注前にご確認を。

 

〈オススメ用途〉
・ポストカード
・リーフレット
・フライヤー
・ポスター
・書籍

 

最後までご覧いただき、ありがとうございます。
あくまで独断と偏見のランキングですが、紙選びの参考になれば幸いです!

WRITTEN BY

WRITTEN USER ICON

yoshida

デザイナー

キャンプとクルマが好きな東北出身のグラフィックデザイナー。

  • twitter
  • facebook
  • pocket
  • feedly

関連する制作事例

デザインパートナーを
お探しではありませんか?

フィールドは、グラフィックやウェブの制作を通して、企業の経営戦略をサポートするデザイン会社です。お客様からのご相談に、クリエイティブの力でお応えします。