社員インタビュー INTERVIEW

日常の体験が、
デザインに活きています。

Webデザイナー

萩原 貴文

ウェブサイトを作る際はディレクター、デザイナー、プログラマーなど複数の専門家が関わるのですが、私が担う部分はウェブサイトの見た目の印象はもちろん、文字の大きさ・ボタンの配置・配色を決めるなど、使い勝手を大きく左右する仕事です。
私は本格的にウェブデザイン携わって約10年になりますが、その間にもスマートフォンの普及をはじめいくつかの大きな変化を経験しました。
日々変化するデザインの傾向や新しい技術情報の収集が欠かせませんし、使い勝手の良いデザインを生むという意味では、仕事以外の日常の体験から得るものも大きいです。
ただ最先端を追うばかりでも駄目で、お客様の使っている環境にあわせて新旧の知識が必要な場面もしばしば。お客様の要望に制約があって実現不可能と思える状況で、打開策がひらめいた時は「やった!」という気持ちになりますね。
それと、ここはフィールドらしいところのひとつだと思いますが、学校でデザインの専門教育を受けた人に限らず、やる気があれば仕事に就くチャンスがあります。私自身はグラフィックデザイナー出身ですが、最近はウェブデザインにも編集力や表現力が求められる傾向が強まっているので、その経験がプラスに働いていると感じています。

あふれる好奇心が
原動力です。

プランナー・デザイナー

山田 美弥子

フリーペーパーやウェブコンテンツの企画立案から取材、デザイン、納品までの一連の流れに携わっています。毎号限られた時間内での真剣勝負。特集のテーマや取材対象、編集の切り口、デザインテイストなど、最終形を想像しながら企画立案していきます。
苦労しつつも企画が形になり、誌面を目にした方からの反応が得られた時はやりがいを感じますね。個人的には、様々なお店や企業の取材を通して、自分とは異なる立場・年齢の方の考えに触れられることが、制作をする上で非常にプラスになると思っています。

エディトリアルデザインは『テーマ・内容の理解』が最も重要。実際に見て感じた事を記事やデザインに落としこむのは、単純なことのようですが、伝えたい事をいかに的確に、受け手に誤解がないように伝えられるか、毎回頭を捻るところです。取材前には時間のゆるす限り下見をしたり、雑誌やウェブサイトで下調べをしたり、発信側と受け手側の両方からの視点を意識して取材に臨むことを心がけています。
定期案件を担当する上で「企画に必要なものがない場合は生み出す! 探す!」という気持ち、「何でも興味を持って知りたい!」という欲求が仕事を支えているように思います。

1番良いカタチでのアウトプットを
チーム全体で目指しています

アートディレクター

松井 ユリア

フィールドのデザイナーは、デザインだけでなく制作物全体の「アートディレクション」を行うことも少なくありません。
まずクライアントにヒアリングをおこない、コンセプトや構成案を考え、制作チーム(カメラマン、ライター、イラストレーターなど)に方向性を示します。このとき、誰にお願いするかという選定も私たちデザイナーが行っています。写真や原稿などの素材を最良のカタチで見せるのが「デザイン」だと考えているので、デザインに入る前段階のアートディレクションは欠かせませんね。
面白いと感じるのは、チームを組んで個々が力を発揮すると、自分が想像していた以上の素材が出来上がること。私はそれをデザインに落とし込む瞬間が1番好きですし、デザイナーとして“締めを預かる”という責任感にもやりがいを感じています。
また、「得意ジャンルを作らない」ということを心がけています。制作物のコンセプトに合わせたディレクションやデザインが必要になるので、自分の好きなものに捕われず、普段からいろんなものを見るようにしています。目につく情報をただ見て流すのではなく、自分ごとにできる人はこの仕事に向いているんじゃないでしょうか。日々の情報収集が、ひらめきに変わると思っています!

個人スキルの更新をしつつ
ときにはチーム連携で問題解決。

Webエンジニア

谷口 真吾

主にコーディングとCMS(コンテンツマネジメントシステム)の構築など「フロントエンド」と呼ばれる範囲を担当しています。Webエンジニアの仕事は、課題に対して必ず一つの答えが決まっています。論理的に物事を考え、一つひとつ地道に問題を解決していくことが必要なのです。特にやりがいを感じるのは、日々の情報収集が活き、スマートに解決策にたどり着けたときですね。

Web業界では、日々新しい技術が開発されています。このため、Webエンジニアは、スキルを更新し続けることが必要です。サービス向上のために努力を惜しまず、常に新しいものに挑戦しなければなりませんが、Webの技術に興味がある人にとっては、とても刺激的な仕事ではないでしょうか。さらにフィールドでは、最新技術の情報収集と、社内での情報共有が習慣となっています。新しい情報に敏感になりますし、壁にぶつかったときは、Webエンジニア同士が互いに助けあう、チームワークの力を感じます。
今の目標は、Web全体のディレクションに挑戦すること。構成やデザインについても、どんどん勉強していきたいです。

デザインの感覚と
ユーザー目線を大切にしたい。

Webエンジニア

市村 賢司

フィールドに入社してから約10年、コーディングの技術はもちろん、デザイン感覚の大切さも多く学んできました。実は、テキストの大きさや行間、写真の間隔などのニュアンスは、エンジニアの采配によってかなり変わってくるんです。デザイナーの希望を叶えるために、ある程度のデザイン感覚は、Webエンジニアにも必要だと思います。
また、デザイナーの要望について、簡単に「できない」とは言いたくなくて。これからも「この方法は難しくても、こんな表現ならできる」とか、柔軟性を持って制作に臨んでいきたいですね。

もう一つ、Webエンジニアに大切だと思うのは、どれだけ知識が増えても、エンドユーザーの目線を忘れないこと。一般の方が使いやすいサイトを作ることはもちろん、クライアントが簡単にウェブサイトを更新できるCMS機能の設定と、そのレクチャーも僕たちの仕事です。知識を持っていない方の目線に立って、使いやすい更新システムを作るために、ときに友人や家族に意見を求めることも。お客さんから「使いやすい」「迷わずに操作できます」と言ってもらえたときは、本当に嬉しいですね!

制作の流れを理解することで、
イラストへの意識が変わりました。

イラストレーター

杉山 あずさ

私はフィールドに入社してまだ3年目。入社を志望したのには、二つ理由がありました。一つは仕事を通じて、大好きな京都に携わっていたかったから。もう一つは、企画立案、デザイン、コーディングなど、制作物のすべてを社内で完結できる環境で、自分の可能性を広げたいと思ったからです。今は、昔から打ち込んできたイラスト制作をメインに働いています。
イラストの制作に入る前には、ディレクターやデザイナーなど、依頼してくださった方と、しっかり打ち合わせを行います。Illustratorで制作するのか、Photoshopで制作するのか、次に作業する方の環境によって、ベストな制作方法は変わります。大切なのは、相手の希望を聞いて、自分のできる選択肢をしっかり提示すること。いろいろな職業の人がいる環境だからこそ、臨機応変な対応を知ることができました。

仕事をしていて、一番嬉しいのは、クライアントの方に喜んでもらえたときです。制作物を通して、誰かに影響を与えられることに感動しました。今後も「また頼みたい」と思ってもらえるイラストレーターを目指して頑張ります!

  1. TOP
  2. RECRUIT
  3. INTERVIEW

お問い合わせ CONTACT US


無料お見積もりのご依頼や
制作についての詳しいご相談はこちら。

READ MORE