『出会い系サイトで70人と実際に会ってその人に合いそうな本をすすめまくった1年間のこと』花田菜々子

話題の本なので、ご存知の方が多いかもしれませんが、私ももれなく感動したので、紹介します。「ヴィレッジヴァンガード」で長年働いておられた花田さんの、人生どん底期のお話です。

エッセイや啓発本を読むと、「私はこの人みたいにすごくないしなぁ」とか「なんか自慢っぽい!」とか、うまく感情移入できないこともあるのですが(ひねくれている)。しかし!今回ばかりは数ページでどっぷりハマり、かなりの疾走感を持って、最後まで読んでしまいました。花田さんが、誰もが知っている些細な不安や、喜びを、丁寧に描いているからかもしれません。

終盤、作者が悩みから解き放たれ、解脱を迎える?シーンでは、自分も何かから解放されたような、心のもやもやがとれたような爽快感。のびやかな文章から、力をもらえた気がします。

実際にどんな人に会って、どんな本を勧めたのかが丁寧に描かれているのも、書評を読むようで面白い!これ気になる〜と思う本を、メモしながら読むのがおすすめです。読書の魅力が伝わる話でもあるので、本に興味がない人こそ、読んでほしいと思いました。