『スモール・ストロベリー・ジュース・フォーエバー』服部みれい 著

あけましておめでとうございます。早速ですが、今年はじめの一冊をご紹介。

先日、ポケットにすっぽりと入る、小さな本を見つけました。知る人ぞ知る?自然派マガジン『マーマーマガジン』の編集長として知られる、服部みれいさんの作品です。この小さな本、気まぐれにめくったページに、毎日をいきいきと過ごすための、ちょっとしたヒントが書かれているんです。さて、2019年のわたしの道標となることばは…?とページをぺらり。

「ひとが見ていないときに/いちばんの蓄積は ひとが見てるときじゃなくて ひとが見ていないときにつくられていくよ。」

ふ〜むなるほどです。今年も、コツコツ仕事をがんばって、やりたいことに一歩ふみだせる、また一つ成長できる、そんな一年にしたいなぁと改めて感じることができました。写真には写っていませんが、帯には「わたしだけの甘い、甘い、ちいさなお守り」と書かれています。何かに悩んでいるとき、新しい一日が始まる朝、この本をそっと開いて、自分だけの「ことばのお守り」を手に入れてみては。

それでは2019年も、どうぞよろしくお願いいたします。