futaba

フィールドのスタッフが日頃からお世話になっているモノやコトを、クリエイターの視点から研究! 第1回目は、KYOTO PHOTOBOOK MARKETでお世話になった、「ふたば書房 FUTABA+京都マルイ店」さんにお邪魔しました。

偶然の出会いを楽しめる本屋さん

田中(株式会社フィールド): 雑誌の特集コーナーには、ファッション誌よりもライフスタイル誌などが多く並べられているんですね。落ち着いていてオシャレな雰囲気ですが、どのようにセレクトされているんですか?

清野さん(ふたば書房 FUTABA+京都マルイ店 店長): そこは雑誌の担当者に任せています。売上を伸ばすのも当然重要なことですが、担当者が押したいと思う本を大事にしてほしい。「責任は私がとるので、自由に勉強してほしい」と伝えています。

田中: 仕入れる本もそれぞれの棚の担当者の方が決めているんですか?

清野さん: そうです。書店の多くは卸会社から送られてきた本をそのまま店頭に並べているのですが、うちでは注文して送ってもらう本の比率が多いと思います。

田中: それでラインナップが特徴的なんですね。

清野さん: 突飛なことをしようという気持ちは全くないんですよ。普通に仕入れのできる本ばかりです。ただ、毎日来てくださるお客様が、何かひとつでも気に入るものを見つけてくだされば、という想いで本を並べています。こだわっているところといえば、並べ方でしょうか。例えばここは「暮らし」の本を集めた棚ですが、実用書の隣に文庫本も並べています。

田中: 文庫本は文庫本の棚に、というような並びではないんですね。

zukan_vol01_item01

清野さん: 「探しにくい」と言われてしまえばそれまでなのですが…既に買うものが決まっている場合には、品揃えが豊富な大型書店さんの方が便利だと思います。うちでは「何か面白いものはないかな」と歩き回りながら、偶然の出会いを楽しんでいただけるとうれしいですね。

本の隣に食品が並んでいます

田中: 雑貨コーナーがあるのも特徴的ですよね。こちらもステーショナリーやアクセサリーといった商品のジャンルごとに担当の方がいらっしゃるんですか?

清野さん: いえ、ここは棚で担当を分けていて、それぞれの裁量で商品を仕入れています。

田中: 仕入れる商品はどうやって見つけているんでしょう?

清野さん: 取引先のカタログから選んだり、展示会で見つけることも多いです。あとは、他のお店で見かけた面白いものを、うちでも取り扱えないか探ってみたり。プライベートでも気になるものがあると「どこから仕入れてるんだろう?」と考えてしまうので、気がつけば仕事と生活がつながっているという…。

田中: すごくやりがいがありそうです。コーヒーの器具や食品まで並んでいるんですね。まさか本屋さんでイリコを見つけられるとは!

清野さん: これが意外と売れています。雑貨も食品も、本と絡めて置けるのがうちの強みですね。一緒に購入される方が多いです。

田中: 料理の本を見てモチベーションが上がったときに材料も買えるとなると、ますます楽しくなりそうです。

futaba02

新たな出会いを生むパブリックスペース

田中: お店から出たところにあるパブリックスペースでは、他社とコラボレートされた特設コーナーやイベントなどがよく開催されていますが、ふたば書房さんから企画を提案されているのでしょうか?

清野さん: ときにはこちらからご提案することもあるのですが、声をかけていただくことがほとんどですね。それをきっかけに新たなお客様に足を運んでいただいたり、店の奥行きを広げることができるので、とてもありがたいです。

田中: この春には、フィールドが企画した「KYOTO PHOTOBOOK MARKET 2015」もこちらで開催させていただきました。写真集に特化したイベントでしたが、訪れた方の反応はいかがでしたか?

清野さん: 楽しんでいただいていたと思います。
140冊以上もの写真集がひとつの書店に集まるということはほとんどないので、皆さんとても驚かれていました。

田中: 私も予想を超えた出展数にびっくりしました! アート色の強い写真集の隣に昔の記録写真の本を並べたりと、面白い空間づくりができたのではと思っています。

「本屋」の枠を越えた「良いお店」へ

田中: 清野さんオススメの本があれば、教えてください。

清野さん: うちでは、「これがオススメ」というのを明示することはあえて控えているんです。本屋の方からうるさく押し付けるようなことはしたくないので…。厳密なルールがあるわけではないのですが、暗黙の了解です。

田中: 確かに店頭ポップがほとんどないですよね。こちらに来ると居心地が良くて、気がつけば長居をしてしまっているのですが、それは強すぎる主張がないからかもしれません。

清野さん: 押したい本はあるのですが、自然な流れで見つけていただきたいですね。

futaba03

田中: それでは、このお店はこれからどのようにしていきたいとお考えですか?

清野さん: そうですね。「本屋」という枠を取り払って、ひとつの良い店になっていきたいと思っています。色んな面白いもののなかに、本もあるという感じで。最近は街がきれいになりすぎて、昔ほど意外なもの・面白いものに出会えなくなってきているような気がするんですよ。だからこそ、驚きや出会いがあるような場所にしていきたいです。

田中: なるほど。そんな清野さんが「良い」と思うのは、どんなお店なのでしょうか。

清野さん: 錦市場にある料理道具の専門店「有次(ありつぐ)」さんは、ものすごく良いお店だと思います。先日訪れたときにはヨーロッパからのお客さまがいらしていたのですが、お店の方が包丁の洗い方や研ぎ方などをすべて英語で説明していました。店員全員がプロ中のプロで、さらに老舗でもあるのに、少しも気取らず懐が深いところに憧れます。なかなか追いつけるものではありませんが、私たちも努力していかなければいけません。

まとめ。
「本屋の枠を取り払って良い店にしたい」というお言葉に大変共感しました。
お話を聞いてから改めて店内を見回すと、さりげない気配りの中にある熱い想いが感じられます。
これからも一ファンとして応援するのはもちろん、仕事のパートナーとして一緒に“良いもの・コト”の発信をしていけるようがんばりたいです!

聞き手 田中あゆむ(株式会社フィールド)

zukan_vol01_item03SHOP INFORMATION ふたば書房 FUTABA+京都マルイ店 営業時間:午前10時30分〜午後8時30分 〒600–8567 京都市下京区四条通河原町東入真町68番地 京都マルイ6F
TEL 075・222・5528/FAX 075・222・5529